2017年9月10日日曜日

ピンクの自転車

勝浦灯台駐車場にて
9日(土):ツーリング

マルイカの準備をしたまま釣行できないまま終わってしまった。代わってヤリイカが始まったが仕掛けやタックルの準備を替えなきゃ。とはいえ金曜に宴会があると土曜の釣行は無理。クルマの慣らし継続に9日は房総半島東側を周遊した。巡ったポイントを一言ずつ記録しておこう。
  • 笠森観音:巨岩の上に立てられた木造建築が見事。重要文化財だけのことはある。本堂内の巨大提灯も見事なのだが撮影禁止が残念。
    本堂の床も木張りで下の岩が
  • 勝浦灯台:狭い道を登っていったのだが灯台敷地内には入れず・・・。それでも高台から眺める太平洋は壮観。
  • 遠見潮神社:勝浦朝市を見下ろす高台の神社。ちょうど祭りの準備で、神輿に担ぎ柱を通したり、参道に提灯を取り付けたりしていた。
  • 勝浦海中公園:海中塔96段階段を下っていくと、海中窓から様々な魚が見える。大きなコマセカゴでマダイやイシダイなど寄せている。960円の入場料は一段10円と高い割にはこれだけ~って感じ。まぁ、塔に至るまでの景観が良い。
  • 鵜原理想郷から海中公園を望む
  • 鵜原理想郷:駐車場から洞窟っぽいトンネルを抜けて、ハイキングコースをてくてく山登り。くたびれたなぁと思う頃に開けた岬の高台で潮風。断崖上から360度壮観。
ここには載せきれない写真はアルバムで。房総半島の県道は舗装状態が良くて車両も少ないので、流していて気持ちよい。Sモードで中速コーナーも楽しむ。他車につかえると少々遠回りだが別の県道に逃れてまた楽しめる。

10日:月命日

鐘があるとついつい鳴らす
墓参りへ。次男Kは体調優れずドタキャン。上さんもそうだったがパニック障害は起伏があるのでそういうことも多い。気長な治療というよりのんびり回復を目指すしかない。嫁と孫娘二人は行くと言う。ピックアップして霊園へ。黒から青に変わったクルマに驚いた様子。

6歳Hと2歳Sだが、この年頃から墓参するのは良いことなのだろう。墓を洗って、線香を焚き、供え物をおいて、般若心経を唱える。毎月なので要領を得て、着くなり桶やスポンジを準備したり、花入れを洗ったり、手伝う姿が微笑ましい。スマホから流れる読経に、神妙な面持ちで手を合わせている姿に吹き出しそうになる。ともあれ、上さんも親父もクロベエも喜んでいよう。

娘はいなくて良かった
孫は娘で良かった
霊園事務所に戻って今日のランチは何にするかとHに聞くと、ランチはいらないから自転車が欲しいと応える。6歳にしてはとてもしっかりしている。Sは流行のおもちゃが欲しいと追い打つ。2歳の割りに驚くほどよくしゃべるし、何を話されているかよく理解できている。それらをねだりたくて来たのか~、と苦笑いしながら、トイザラスへ。それぞれお好みの品を買い与えると満面の笑顔で礼をいう。フードコートでランチを食べたり、ゲームセンターで遊んだりして、自転車の組立・整備を待つ。帰宅後次男Kから公園で自転車と三輪車を乗り回す二人の動画とともに礼が届く。ほのぼのした良い一日になった。

2017年9月3日日曜日

慣らし慣らされ

江ノ島弁財天
宝くじの当たり祈願
コーティングが終わったC43を慣らし運転。古くは数百kmまで極力一定速度で走れとか言われた慣らし運転。今では気にするなと言われている。技術進歩で精度が向上して、エンジンやシャフトのいわゆるバリ取りなど気にする必要性が薄れたのだろう。むしろ、様々な運転状況に文字通り慣らしたほうが良いらしい。確かにレンタカーなどには極端に吹け上がりが悪い車もあるが、高回転に慣らされていないからだろう。

コーティングの輝きがまぶしい
というわけで、高速巡航と高回転ワインディングに慣らすべく、江ノ島と箱根大観山へドライブ。首都高1号や横浜新道を駆ける。追い越しで踏み込む。キックバックと同時に頭がヘッドレストに押し付けられるGが心地良い。ステアリング保持が甘いとあらぬ方向に急加速しかねない。瞬間的に甲高く切り替わる排気サウンドにニンマリしてしまう。いずれもA180Sにはなかった喜びだ。150km/h前後の高速安定性はFFのA180Sもそうだったが、4輪駆動のC43はさらに高い。かつてワゴンRで通院送迎した藤沢市街では、往来する人々の視線が明らかに違う。

藤沢市街を見おろす
江ノ島神社で散歩と宝くじ祈願を済ませたら、西湘~真鶴バイパスを抜けて湯河原へ。奥湯河原の温泉街をゆっくり走りながら、シートポジションをワインディング用にセットする。椿ラインに入る前のワクワク感がたまらない。前をさえぎっていた2台の商業車はいずれも湯河原パークウェイへ。椿ラインに分岐すると同時にスポーツモードで全開へ。エンジン回転数が高めのギアが維持されるだけでなく、サスペンションやステアリングも固くなる。

銭洗い。ん?銭ばかりで
大漁も安全も祈願し忘れた・・・
フルブレーキングからフルスロットルする低速コーナーではレスポンスの速さと強さに驚く。FFのA180Sではアンダーステアできしむタイヤを、強引なアクセルとステアリングの切込みで立て直していた。C43を同様にイメージしてドライブするとふらつく。前後重量配分バランスと4輪駆動の効果でアンダーステアもきしみも出ない。回頭性の良さに感心しながらフルスロットルにするとあっという間にオーバーステアになるので切り戻したりブレーキングしたりになる。レスポンスと瞬発力がA180Sに比べて圧倒的に良い。戸惑いながらも次々迫るコーナーで感覚を養う。クルマを慣らしにきたつもりだったがクルマに慣らされる。低い気温の山中で、体温が上がる。大ダイ(らしき)が喰った瞬間の喜びに似ている。

これしか撮る物が見えず
大観山に着いたが、ガスで芦ノ湖や富士はおろか、眼下の駐車場すら見渡せない。雨がパラついたが、コーティングの撥水効果で残らない。小田原厚木道路をから東名へ。小田厚は制限速度が遅く神奈川県警の稼ぎ路線なのでおとなしく。東名町田のディーラでトランクトレイを受け取る。これで海水や塩分にまみれたクーラーやタックルボックスも恐くない。昼過ぎには帰宅。高速巡航に高回転ワインディング。クルマを慣らしクルマに慣らされた楽しい一日に。

2017年8月27日日曜日

いちどきりの人生

このアングルではAクラスと同じに見える
8月26日(土) 乗換!

親しんだメルセデスベンツA180Sを、状態の良さを評価したC店に引渡し。売却価格が購入価格の50%を越えたのでとても満足な取引に。これまでクルマはいずれも5~10年保有してほとんど乗り潰していた。売却時は20%の値段がつけばいいほうだった。残価がある2~3年の短いサイクルで乗り換えるのも良いと思う。一度きりの人生、余生はそうして様々なクルマを楽しみたい・・・。

2ドアクーペのフォルムが好きだ
A180Sはお気に入りのクルマだった。何の不満もない。あえて挙げれば、ゼロ発進や高速キックバック時のもたつきだ。瞬発力が欲しい。釣りの頻度が減ったのでハッチバックはもういらない。ほとんど一人で乗るので2ドアクーペに。自動追従機能はもうハズせない。これまで乗り継いだ車の色は、白黒銀のいずれかという渋さだったが、年取ればこそ派手な原色をと聞く。青にしよう。

利便性の高いハッチバックだが・・・
AudiやBMWにも出掛けたが、それらの条件にぴったりする車が少ない。あっても馬鹿高で、値引きも少ない。メルセデスでは、C180だと馬力不足だがAMG C43がぴったりだ・・・オーバースペックで使いこなしきれないが。そういえばCクラスクーペの宣伝文句もいちどきりの人生だった。だが、これも高い。ディーラのデモカーとして2~3000km走行した中古(いわゆる新古)車を買うか。これまで付き合いの無かったディーラに試乗にも行った。クルマそのものは気に入って見積や商談を始めたが、中古は値引き(は価格に織り込み済みと言うが)少なくどうにもコスト性能感がしっくり来ない。

買い替え検討を聞きつけたらしく、ずっと付き合ってきた担当営業が提案させてくれと言う。C43は今なら新車で大幅値引きが可能だと。マイナーチェンジ前の残り少なくなった在庫の一掃だ。調べさせると青いC43は日本全国に2台だけ。15%以上の値引き。マイナーチェンジによる追加変更機能には興味がなく、現行のほうが安くて良い。それでも新古車か新車か迷っていたが、買い替えサイクルの雑談をしていたら、残価設定ローンを紹介された。その場では即決せず自分なりに調べてみた。

登録番号は21、ブラックジャック
相模と違い品川では11は抽選だ
残価設定ローンは、頭金以外の代金を分割で払うが、最終回に残価(売却価格相当)を一括で支払う設定にすることで、毎月の支払額を小さくできる仕組みだ。2~3年の短いサイクルで乗り換える用途には適しており、高級車も買いやすくなる。それを使えば新車購入のほうが中古よりお得だと判断した。2~3年後に売却・乗換するとして、残価は新車のほうが断然期待できる。手数料も新車の年利1.9%相当に対して新古車は2.9%だ。車両保険価格はどちらも変わらない。納得して契約。26日納車になった。

自動車保険の車両変更はハンドルを握った時点で入れ替え車が有効になる。26日に切替を設定して、A180Sを引渡し後、電車で移動、C43を受け取りに。納車に来させる手もあったが時間を縛られたくない。自らドライブもしたい。軽く踏み込むだけで強烈な加速感。V6ツインターボの排気音が心地良い。車重はAクラスよりも300Kgほど重い1.7tになるが、122psから367psへと3倍になる馬力が重さを感じさせない。4輪駆動4MATICによる安定性含めて、踏み込みたい気持ちを抑えて100km走行。トラックやダンプの後ろで飛び石をもらうのを避けて、コーティングショップへ直行。来週末からのドライブが楽しみだ。

2017年8月19日土曜日

迷いのヒラメ

半身を刺身の中皿に
2017年8月17日(木、休)釣行 若潮
三浦丸 右舷トモ(右2)
4:30出港 11:15納竿 11:30帰港
屏風ヶ浦沖 水深8-20m 波1m
曇り時々晴れ 北北東の風7m

ヒラメ 3匹 40-65cm
ワカシ 3匹 35-40cm
カサゴ 1匹 25cm

8月はついに16連日雨の関東。17日は午前中曇りで雨は夕刻、海上の風も強くない予報に、急遽外川港へ。ヒラメと遊ぶことに。船長は外川沖の20m、錘80号で開始したが、アタリが少ないとみるや屏風ヶ浦沖へ移動。水深8mから10m、北東の風に当てて岸から沖合いへ横流し。右舷に風を受けて、糸が払いだす側になる。

明け方多かった雲は次第に薄れ
ここではアタリは頻繁にある。だがヒラメはイワシにちょっかいかけているだけのようでなかなか喰いこまない。根も結構あるのでアタリなのか根を引きずっているのか、迷い始める。アワセると根掛りで錘をロストしたりする。ますます迷いが生じて、アワセのタイミングを見誤る。錘を3個もロスすると、早アワセになったり底を攻めずらくなったりで、釣りが迷走する。船長の置き竿にもなかなか食い込まず、根掛りも多い。

釣果写真忘れ
代わりに潮落しの洗車写真
ジャックの迷いを尻目にミヨシ氏はポンポン釣る。捨て糸を50cmにしているので、真似てみるが好転しない。6個目で最後の錘になった終盤。ここまでソゲ1枚とワカシ3本という貧果。開き直って、強く引き込むまで何分でも待つことに。モジモジされるのを糸を張ったり送り込んだりしながら3分ほども待ったろうか、大きく引き込んだのでアワセ!会心の60cmオーバーをゲット。結局セオリーどおり、根掛りを恐れず、引き込むまでじっくり待つ釣りが正解だったのだ。船長に8個目の錘を借りながら50cm級を追加して、若干早上がり。

エンジンルームも綺麗なもの
沖上り後、12枚釣ったミヨシ氏、「今日はずいぶんと送り出して誘わないと食い込まなかったな。食い気がなくて遊んでいるだけのヒラメはそうして誘わないとな」と上機嫌で言う。早く言ってよー、そこに行き着くまでにこっちはずいぶん苦労したんだから・・・。ともあれ、食すには多すぎる釣果だし、つかの間の晴れ間を楽しめたのが良かった。

シマノ BJSミヨシ245+B + シマノ1000SP PE2号
幹8号1m、ハリス6号65-85cm、捨て4号50-70cm
錘60-80号 計7個ロスト!