2017年10月15日日曜日

斜めに走る

重いGTRを軽くしてある
10月に入っても雨が多い。もう秋雨前線が居座る季節になった。7-9日の三連休も雨模様だった。D1グランプリに初めて行ってみた。天候が心配されたが、開門の11時頃には雨も上がり、終了の19時まで準備したカッパを使わずにすんだ。2001年から開催しているらしいが、フォーミュラやGT3に比べて、D1はマイナーなレースだ。やっぱりクルマはFRでドリフトでしょというクルマ好きが存分に楽しむための手作り感が漂う。


コース内をドリフトする角度や速度を競う単独走行で予選順位を決め、決勝は2台で交互に先行車と同じ角度・速度でぴったり横並びして走行させられるか、を競う。年間7戦を東京、筑波、大阪等で開催してシリーズチャンピオンを決める。


まだあったのってクルマも
クイーンもフランクなのが良い
第7戦東京大会は常設サーキットを使わずにお台場の特別会場。普段は大駐車場として使われている場所にコースを設定し周囲を仮設スタンド観客席で囲む。日産GTRやらトヨタ86の最新車から昔懐かしいシルビアやらローレル等の往年車、さらにはコルベット等外車が終結。いづれもパワースライドさせやすいように改造している。主なスポンサーはトーヨータイヤやダンロップ等タイヤメーカー。グランプリの性格上タイヤをどんどん消費してくれるのだからさもありなん。

特設会場はフジテレビのすぐ近く
レースは予選からダントツの速さと滑りをみせたコルベットが、決勝走行中に故障してシルビアの逆転優勝。シリーズは年間ポイントを稼いでいた180SXが決勝を待たずにチャンプに決まった。前から3列目の指定席では、タイヤカスを被るほどコースから近い。ドリフトのさせきれず一直線にコースブロックにクラッシュするシーンも目の前。メジャーレースでは感じられない近さが、このレースの良さだ。簡易パドックでもクルマはいつでも間近で撮影できるし、ドライバーやオーナー、レースクイーンらが気楽に応じている。

見ていて思い出した。10代の頃、埋め立て後ま新しい神戸ポートアイランドでゼロヨンに興じたり、わざわざ高価なLSDに換装してドリフトしたり、クルマを回したりして、遊んだことを。そういえばドライバーも40代が少なくない。当時の遊びをそのまま仕事にしたのだろう、たいしたものだ。


2017年10月1日日曜日

3週間分まとめて

菜の花展望台にて
3週間も更新が滞ってしまった。慣らし運転を兼ねてのドライブが楽しくて、釣りもそっちのけだ。ドライブの先々でFBには写真をアップした。ここではアップしなかった写真を使いながら、行き先を整理しておこう。

9月18日(月):箱根
台風18号の影響で三連休の2日は雨。3日目の18日(月)にようやく晴れたので箱根へ。湯河原の椿ラインまで回り込まず、久しぶりにターンパイクを使ってみた。中高速コーナーが楽しいが、片道720円は高い。大観山ではガスで何も見えなかった。芦ノ湖まで下り、箱根神社へ。湖畔沿いの参道が清清しい。九頭竜神社の神殿が新設されてきれいになった。大涌谷までの一本道はいつも渋滞するが、時間もあるのでのんびり並んで入場。他の駅にクルマを停めてケーブルカーで来るほうがよいかもしれない。黒い玉子をほおばっているとガスも取れて富士を拝めた。グーグルフォトの写真ムービーがよくできている。


宮ヶ瀬公園にて
9月24日(日):南房総7神社仏閣巡り
巡った7箇所を記録しておこう。

  1. 賀茂神社:田畑の中にひっそりとたたずむ風情がいい
  2. 高家神社:料理の神様 包丁塚もあった
  3. 高塚不動尊:高塚山を登って奥の院まで 妙な面構えの仁王像がお出迎え
  4. 安房神社:一宮を語るだけあって神々しい 荘厳
  5. 萬徳寺:でかい寝た般若像 入場料とって寺というより観光地
  6. 洲崎神社:これで洲崎での釣りは坊主知らずだろう 少し離れた所に幸せの鐘
  7. 那古寺:歴史ある立派な建物や古刹がいい 朱印を書きながら和尚の話が楽しい

これも写真ムービーで。

相模ダムにて
10月1日(日):宮ヶ瀬湖と相模湖
東名道のの大井松田ICから北上。ヤビツ峠から宮ヶ瀬ダム、その後相模湖ダムに抜けて、中央道相模湖ICへ至るコース。県道70号は狭い。対向車が来ると往生する。宮ヶ瀬湖は風景がきれいだ。相模ダムはひっそりしているが、神奈川の水がめの貫禄がある。山奥の集落を支えたであろう大石神社に立ち寄って帰る。往路の東名も復路の中央も混む前に抜けて、快適なドライブだった。

気付けば走行距離も1300kmに。慣らしを終えたがトラブルもなく快適だ。ドライブの合間に、快適性の整備も。ゴミ箱とコンソール内トレイの設置は難なく。ドライブレコーダーの電源をコンソールのライターソケットから取るのはいかにも野暮ったい。Aクラスではトランクにもあるライターソケットを使用していたが、Cクラスにはない。そこでトランク内のヒューズボックスから電源と取り出した。アース場所に苦労したが、ヒューズボックスに隣接するナットで接地できることがわかり解決。車内にはコードが這わず、すっきり快適になった。いつの間にやら鳥爆弾にやられた痕もタッチアップした。近くのメルセデスサービス工場に駆け込むとペイントを配合、ただでくれた。さて、来週は・・

2017年9月10日日曜日

ピンクの自転車

勝浦灯台駐車場にて
9日(土):ツーリング

マルイカの準備をしたまま釣行できないまま終わってしまった。代わってヤリイカが始まったが仕掛けやタックルの準備を替えなきゃ。とはいえ金曜に宴会があると土曜の釣行は無理。クルマの慣らし継続に9日は房総半島東側を周遊した。巡ったポイントを一言ずつ記録しておこう。
  • 笠森観音:巨岩の上に立てられた木造建築が見事。重要文化財だけのことはある。本堂内の巨大提灯も見事なのだが撮影禁止が残念。
    本堂の床も木張りで下の岩が
  • 勝浦灯台:狭い道を登っていったのだが灯台敷地内には入れず・・・。それでも高台から眺める太平洋は壮観。
  • 遠見潮神社:勝浦朝市を見下ろす高台の神社。ちょうど祭りの準備で、神輿に担ぎ柱を通したり、参道に提灯を取り付けたりしていた。
  • 勝浦海中公園:海中塔96段階段を下っていくと、海中窓から様々な魚が見える。大きなコマセカゴでマダイやイシダイなど寄せている。960円の入場料は一段10円と高い割にはこれだけ~って感じ。まぁ、塔に至るまでの景観が良い。
  • 鵜原理想郷から海中公園を望む
  • 鵜原理想郷:駐車場から洞窟っぽいトンネルを抜けて、ハイキングコースをてくてく山登り。くたびれたなぁと思う頃に開けた岬の高台で潮風。断崖上から360度壮観。
ここには載せきれない写真はアルバムで。房総半島の県道は舗装状態が良くて車両も少ないので、流していて気持ちよい。Sモードで中速コーナーも楽しむ。他車につかえると少々遠回りだが別の県道に逃れてまた楽しめる。

10日:月命日

鐘があるとついつい鳴らす
墓参りへ。次男Kは体調優れずドタキャン。上さんもそうだったがパニック障害は起伏があるのでそういうことも多い。気長な治療というよりのんびり回復を目指すしかない。嫁と孫娘二人は行くと言う。ピックアップして霊園へ。黒から青に変わったクルマに驚いた様子。

6歳Hと2歳Sだが、この年頃から墓参するのは良いことなのだろう。墓を洗って、線香を焚き、供え物をおいて、般若心経を唱える。毎月なので要領を得て、着くなり桶やスポンジを準備したり、花入れを洗ったり、手伝う姿が微笑ましい。スマホから流れる読経に、神妙な面持ちで手を合わせている姿に吹き出しそうになる。ともあれ、上さんも親父もクロベエも喜んでいよう。

娘はいなくて良かった
孫は娘で良かった
霊園事務所に戻って今日のランチは何にするかとHに聞くと、ランチはいらないから自転車が欲しいと応える。6歳にしてはとてもしっかりしている。Sは流行のおもちゃが欲しいと追い打つ。2歳の割りに驚くほどよくしゃべるし、何を話されているかよく理解できている。それらをねだりたくて来たのか~、と苦笑いしながら、トイザラスへ。それぞれお好みの品を買い与えると満面の笑顔で礼をいう。フードコートでランチを食べたり、ゲームセンターで遊んだりして、自転車の組立・整備を待つ。帰宅後次男Kから公園で自転車と三輪車を乗り回す二人の動画とともに礼が届く。ほのぼのした良い一日になった。

2017年9月3日日曜日

慣らし慣らされ

江ノ島弁財天
宝くじの当たり祈願
コーティングが終わったC43を慣らし運転。古くは数百kmまで極力一定速度で走れとか言われた慣らし運転。今では気にするなと言われている。技術進歩で精度が向上して、エンジンやシャフトのいわゆるバリ取りなど気にする必要性が薄れたのだろう。むしろ、様々な運転状況に文字通り慣らしたほうが良いらしい。確かにレンタカーなどには極端に吹け上がりが悪い車もあるが、高回転に慣らされていないからだろう。

コーティングの輝きがまぶしい
というわけで、高速巡航と高回転ワインディングに慣らすべく、江ノ島と箱根大観山へドライブ。首都高1号や横浜新道を駆ける。追い越しで踏み込む。キックバックと同時に頭がヘッドレストに押し付けられるGが心地良い。ステアリング保持が甘いとあらぬ方向に急加速しかねない。瞬間的に甲高く切り替わる排気サウンドにニンマリしてしまう。いずれもA180Sにはなかった喜びだ。150km/h前後の高速安定性はFFのA180Sもそうだったが、4輪駆動のC43はさらに高い。かつてワゴンRで通院送迎した藤沢市街では、往来する人々の視線が明らかに違う。

藤沢市街を見おろす
江ノ島神社で散歩と宝くじ祈願を済ませたら、西湘~真鶴バイパスを抜けて湯河原へ。奥湯河原の温泉街をゆっくり走りながら、シートポジションをワインディング用にセットする。椿ラインに入る前のワクワク感がたまらない。前をさえぎっていた2台の商業車はいずれも湯河原パークウェイへ。椿ラインに分岐すると同時にスポーツモードで全開へ。エンジン回転数が高めのギアが維持されるだけでなく、サスペンションやステアリングも固くなる。

銭洗い。ん?銭ばかりで
大漁も安全も祈願し忘れた・・・
フルブレーキングからフルスロットルする低速コーナーではレスポンスの速さと強さに驚く。FFのA180Sではアンダーステアできしむタイヤを、強引なアクセルとステアリングの切込みで立て直していた。C43を同様にイメージしてドライブするとふらつく。前後重量配分バランスと4輪駆動の効果でアンダーステアもきしみも出ない。回頭性の良さに感心しながらフルスロットルにするとあっという間にオーバーステアになるので切り戻したりブレーキングしたりになる。レスポンスと瞬発力がA180Sに比べて圧倒的に良い。戸惑いながらも次々迫るコーナーで感覚を養う。クルマを慣らしにきたつもりだったがクルマに慣らされる。低い気温の山中で、体温が上がる。大ダイ(らしき)が喰った瞬間の喜びに似ている。

これしか撮る物が見えず
大観山に着いたが、ガスで芦ノ湖や富士はおろか、眼下の駐車場すら見渡せない。雨がパラついたが、コーティングの撥水効果で残らない。小田原厚木道路をから東名へ。小田厚は制限速度が遅く神奈川県警の稼ぎ路線なのでおとなしく。東名町田のディーラでトランクトレイを受け取る。これで海水や塩分にまみれたクーラーやタックルボックスも恐くない。昼過ぎには帰宅。高速巡航に高回転ワインディング。クルマを慣らしクルマに慣らされた楽しい一日に。