2017年4月23日日曜日

房総でプチ暴走

人気者だが城と関係薄いのも・・・
ソース色々
イタリアン
22日(土)は家事や所用を済ませる。夕方、月ブラ。魚バルを見つけたので入るとマグロ三昧。カルパッチョにタルタル、トマト煮と料理はイタリアン。それぞれにあう日本酒をマスターに選んでもらう。絶妙。雨が降ってきて傘がなく、予定より長居。すっかり酔った。

10万石の城下
早寝したから、23日(日)は早起き。晴れるのでドライブに行きたくなった。ワインディングを走りたい。たまにはスポーツ設定でフル機能してやらねば、エンジンもステアリングもさびるというものだ。目的地に房総半島の城跡を検索し、大多喜城と久留里城をチョイス。

ここに至るまでが大変
大多喜城の築城は誰によるものかはっきりしないが、本多忠勝が1600年の関が原戦勝で三重に移住するまで10年間居住していたとは知らなかった。日本の城100選に入るらしいが、学校等に利用されて、当時の面影がほとんどないのが残念。

振り返るとこんなに登ったのかと
対照的に久留里城は急峻な山頂にあり、その眺めから難攻な城だったことが一目でわかる。駐車場から800mの林間歩道を選んだのだが、標高差150mほどあるとは知らず、息が上がりひざが笑ってしまった。里見が北条を寄せ付けなかったのも頷ける。平時には上り下りがさぞ大変だったろう。

獅子鍋ならぬジビエ丼
すっかり腹が減ったのでジビエ丼なるイノシシの料理を食べる。うぐいすラインや県道でつかえていない区間、タイヤをきしませて楽しむ。混みあう前、14時半には帰宅。軽く寝て、また月ブラかな。

2017年4月9日日曜日

風雨で散る前に

菜の花と桜のコントラストが見事
桜並木はこんな感じ
週末になると雨風が強くなる。こういう時期があるものだ。釣りにも行くのも悩まされる。無理して海に出ても釣れないばかりか大抵酔い気味になる。

桜並木から菜の花畑を見下ろす
一本桜も見事
こういうときは丘にいるに限る。釣り物はこの時季ならではの桜だ。埼玉県幸手市に権現堂堤という名所があるらしい。1時間ほどのドライブも手頃だ。相当込むらしいので早朝出かけてみた。それでも8時半に到着すると駐車場が混雑し道路ももう渋滞し始めていた。雨は上がったが雲が低く垂れ込めている。気温が低い。

明治天皇も見に来たらしい
来週には散っているだろう・・・
川に沿って盛り上げられた堤沿いに、約1kmに渡って1000本の桜が並ぶ。堤下にはアブラナが並ぶ。なるほど菜の花と桜が咲き誇って同時に楽しめて壮観だ。堤の上下をぐるっと一周散策する。時間にして1時間もかからないが、黄色とピンク色のコントラストにすがすがしい気分になれる。青空が背景にあれば更に良かったのだが・・・。これは将来の楽しみにしておこう。

2017年4月2日日曜日

AFのような本当の話

2週間後には桜満開なのだが・・・
ふるさと納税の返礼品に上限を設けるという。返礼品金額を寄付額で割った還元率を30%以下にするとともに、商品券、パソコンやタブレット、自転車、宝飾品および家電製品なども自粛するよう、総務省が各自治体に要請通達した。農産物など地方の特産品を返礼にするので寄付することで地方創生しようという本来の目的にそぐわないというのが表向きの理由だ。本当にそうなのか?エイプリルフールのような本当の話が透けて見えてくる。

ぼっち旅には過ぎた部屋
返礼品はやはり豪華なのか
農作物のない地方自治体はその土地で製造されている時計や自転車や真珠や家電製品を返礼品にすることで寄付の呼び込みを目指した。これは自然な流れだ。他方、制度が浸透せず地方創生は旗印だけだと批判を受けた総務省は、税控除額を2倍にした。結果15年には地方寄付額が前年比43倍の1600億円超に。政策上のヒットではある。だが困ったのは都市圏の自治体だ。税収が激減したと総務省にクレームをつけた。この批判に耐えられなくなった総務省が、今度は地方自治体に返礼品の高額化や転売性の高いものを控えるように要請した、ということらしい。結局、地方と都市に挟まれた総務省が右往左往しているだけだろと言いたくなる。通達が4月1日付けというから、エイプリルフールのような本当の話だ。

目覚めると、桜ならぬ雪満開
地方出身で都市部に暮らすジャックはおいしいとこ取りする。15年度のふるさと納税では長野県の某自治体に寄付してロボット掃除機とホテル宿泊券を返礼にもらった。宿泊券の期限が16年度末までだったので3月31日に行ってきた。桜の名所だが、1-2週間早くて花見は期待薄。そこでホテルから近い二つの城址を見学することに。織田が武田を滅ぼした際にダメ押し的な戦になった高遠城址と、秀吉が家康監視のために築城させた松本城。

湖畔に立つホテルは温泉も料理も上々だ。旨い地酒で早々に寝てしまった。朝起きてカーテンを開けると雪が舞っていて木々には積もっている。交通情報を確認すると中央高速は一部チェーン規制に。雪予報は知っていたが甘くみていたので雪への備えがない。雪でぬかるむ城址公園の散策は楽しくないし、長野・山梨で雪による立ち往生は苦痛だ。季節外れに雪化粧した湖畔の桜を眺めながら朝食。城見物は将来の楽しみとして、横なぐりの雪の中を早々に引き揚げた4月1日。エイプリルフールのような本当の話。

2017年3月20日月曜日

コントラスト

春分の日を含む3月18ー20日の三連休。

菜の花とタワマン
本文に無関係な日テレからくり
17日は深酒。その影響で18日は午後まで動けず。ここ数年では二日酔いは珍しい。掃除・洗濯済ませて、のんびりしようと思うのだが、天気がよいと一日部屋にこもっていられない。洗車に出かける。きれいにしたクルマでモールで散策でもするかと思っていたが、花粉症を発症。鼻がズルズル、目やにも出るし、のども痛む。すごすごと部屋に引き揚げる。

池と茶屋と高層ビル
池と松と東京タワー
18日は最高気温19度と4月上旬の予報。釣りにも良い天気だ。釣りそのものは楽しいのだが、釣果を捌くのも配るのも億劫になってきて、足が向かない。日差しが暖かいので浜離宮まで散策へ。江戸時代には将軍家の鷹狩場から鴨場や庭園と整備され、明治時代には宮内省管轄で迎賓館としても利用、戦後東京都に移管されたと言う。

海と松とレインボー橋
樹齢300年!
都心には贅沢な広大な敷地を東京湾とつながる堀が取り囲み、中にも汐入の池や鴨場の池がある。休憩所にもなる茶屋は観光客で賑わう。松と高層ビル、池と東京タワー、海とレインボウブリッジ、菜の花とタワーマンションなど、自然と造形物とのコントラストがここでは随所に見られて思わずシャッターをきった。

興味深かったのは、小覗・大覗と言い鴨場の隠れ土手。そこから池からの引き込み堀にエサを撒いてアヒルをおとりとして引き寄せ、ついて来た水鳥を鷹や網で捕獲していたらしい。なるほど池には鴨らが気持ち良さそうに群れている。しばらく代われないものだろうかなどと考えながら、腹を満たしに築地まで歩く。寿司をほおばり昼から飲む。いい休日になった。