2012年9月20日木曜日

底が取れん!

速い二枚潮に苦戦も上出来の9杯
2012年9月20日(木、休暇)釣行 中潮
長福丸 1号船 左舷トモ1番
4:20出船 10:50納竿 12:10帰港  
勝浦沖 水深120-180m 波1.5m
晴れ 南西の風7-4m

スルメイカ 9匹 胴長20-30cm

夏休みを取って平日釣行。「キメジかカツオかキハダか、どれがいい?」と聞いてみた、どれを選ばせても同じ釣り物になる魂胆だ。「魚は一杯あるからいらん。イカにしぃ」と上さん。…。「イカはイカん。スルメはスルーめしとる」今期相模湾のスルメは貧果だ。長井のイカ専門宿は苦労しているだろう。「せいぜい3杯やで、イカは。タ、タイにしょうか?」と抵抗する、テンヤのほうがまだ楽しめる。「何いタイこと言うてんの。3杯でイーカらイーカ!」…こうなるとあらゆる抵抗は無駄だ。江見や勝浦のほうが釣果が良いので、大原まで出向く。釣り人4人。平日は空いていて良い。

「潮が速すぎるのでもう一度走ります」と船長。1時間半かけて勝浦沖まで来たがさらに南下する。「やってみましょう、反応は底で160m」で第一投。…、…、げっ、250m出しても着底しない。正確には、着底がまるで分らないほど、道糸がペースを落とすことなく出ていく。こんな早潮は初めてだ。「4ノットもある」と船長も潮の緩いポイントを求めて転々と南下するが、どこでも底を取るのに苦労する。10号以下のテンヤならともかく、150号もの錘をぶら下げているのに、だ。8時半になっても俺は釣れず、船中でも2杯。こりゃイカん。

あれこれ底取りを試みる。たどり着いたのが、水深分出したら10秒ほど停止し、サミングしながらさらにゆっくり落とす、2-30mは裕に出る。わずかにペースが落ちたのが着底の瞬間だ。これを見逃すと、また速いペースで出ていく。停止中に道糸が垂直どころか、反対方向に傾く。凄まじい二枚潮だ。それでも底さえ取れれば釣りにはなる。潮にたるむ道糸を張らせるように目一杯シャクル。ガシッと待望の一杯を掛けたのが9時半。嬉しさもひとしお。コツさえつかめば、とポツポツ追釣。強烈な重みに多点掛けを確信。唸りながらもがんばっていた電動リールが突如停止。今日二度目だ。100mほどを手で巻くが、重いのなんの汗だくだく。海面を割ったのは大型4杯。目玉だけ残ったツノもあったので5点掛っていたらしい。終日潮は緩まず、船中四人が1、2、9、11杯で終了。今日は勉強になった。

「まいった。9杯だけや」と帰宅。「ほら、ちょうど良かったやん」と上さん。「潮がかっとんで底は取れんし、重いし、リールは壊れるし、でクタクタ」と風呂に向う。と背後から「その前に柵のヒラメ、刺身にして。イカと一緒に丼にする。イカは私がやるから」。お安い御用とばかりにヒラメの皮を引くが、身をだいぶつけてしまった。「あぁ~、底が取れん!」

マイロッド1マイリール1 PE3号 ブレーカが飛んだが、すぐに復帰。
マイロッド2マイリール2 PE6号、ブレーカが飛んだ後、超低速でしか巻けず。
8-5号直結18cm9本針 速潮による弛みで掛けてもバレるので3投でブランコに。
6号幹3号枝18cmブランコ8本針
錘150号

2012年9月17日月曜日

浅場だと楽々

食べ頃ヒラメ6枚♪
2012年9月16日(日)釣行 大潮
三浦丸 左舷ミヨシ3、4番
出船5:30 沖上り11:30 帰港12:00
利根川河口沖 水深30-40m 波2m
曇り時々雨のち晴れ 北東のち南の風2-6m

ジャック ヒラメ 4匹 35-45cm
上さん ヒラメ 2匹 40-50cm

一泊二釣旅行の二日目。前夜船着き場まで行ったが、「釣り座はどこでもいい」という上さん言に場所取りせず。当日船に行ってみると左右とも5席埋まっており、左舷胴間に二人並んで入ったため、右舷5人左舷7人というアンバランスに。前泊ならやはり釣り座確保しておいたほうが良い。船積したイワシが回らず弱々しいので30分遅れで出船。沖縄にある台風16号の影響で周期の長いうねりが高い。

開始早々に1キロ級を取り込む。出遅れて焦る上さんにもヒットし二人で安堵。お隣トモ3番で5キロ級が取り込まれびっくり。降ったりやんだりというより雨雲が点在する中を移動する。強雨の中でも負けずに竿を出していた上さんだが、低体温症状が出つつあったのでキャビンに避難。アタリは頻繁にあるが、すっぽ抜けや巻き上げ中のバラシが多い。変形トリプル針は伸ばされるので避けたほうが良さそうだ。ひと際強いアタリはチモトからハリス切れ。イワシ餌の動きが楽なようにと5号ハリスを使ったが、大判も混じるのでやはり6号以上にしたほうが良さそうだ。それでも上さんの2時間ほどの休憩中に何とか2枚追釣。

晴れて暑くなった終盤、復帰した上さんと二人に同時ヒット。オマツリも頻発して追加仕掛け作成に忙しい。二人6組分自作したが不足する。混むときは10組は必要か。もう一枚ずつと粘るがタイムアップ。計6枚。船中2-8。珍しく上さんはもっと続けたいと物足らなさそう。前日の150号深場よりも、60号浅場のヒラメのほうが、楽だし楽しめるらしい。下船後「民宿に泊まったんだって?うちは泊まれないから悪いことしたね」と女将さんがキャッシュバックしてくれたのが嬉しい。女性割引も波崎よりも多いので、財布にも楽だ。

二日とも一時雨に打たれて疲れ、その後の強い日差しに疲れたが、それ以外にトラブルもなく、喧嘩することもなく、楽しい釣行になった。・・・行き返りのロングドライブだけが辛いのだが。

ジャック
マイロッド4マイリール2 PE6号、ハリス5-6号、60-80cm、捨糸3号50cm、錘60号
上さん
マイロッド11マイリール1 PE3号、仕掛けは同じ

二人だと楽々

アカムツ5匹♪
ドンコは味噌汁に美味いらしいが…?
2012年9月15日(土)釣行 大潮
浜茄子丸 右舷胴間(ミヨシからもトモからも4、5番)
出船5:00 沖上り12:00 帰港13:00
曇り時々雨のち晴れ 北東のち南東の風2-4m
寒猫根 水深120-140m 波1m

ジャック アカムツ 4匹 25-35cm
上さん アカムツ 1匹 33cm
ドンコ、ゴマサバ、メバル混じる
ネコザメ リリース

アカムツの旨さを思い出した上さん、自分で釣りたいと御所望。波崎までの日帰りはきついので、外川のヒラメと合わせて、一泊二釣旅行にした。大きな船の広いキャビンで爆睡。ポイントについても出てこないので起こす。満席の船中で最初に型を見せて興奮の上さんだったが、雨に打たれて戦線離脱。2時間ほどまた寝た後復帰するが、重いタックルとオマツリに苦戦。ドンコはばあばが味噌汁にするとすごく美味いと言っているらしいが、釜石でそう呼ぶ魚と同じかわからないし、この魚を持ち帰る人もいないので、一番大きいものだけキープ。電話すると同じ魚らしいのでサバやメバル(と翌日釣れたヒラメ)とあわせて送る。

俺はポツリポツリと4匹。自作仕掛けは針外れやハリス切れもなく、良好だったが、反省点も二つ。
  1. 二人で6組準備したが、混む船内では不足。8組は必要。
  2. 2本針にしたのは正解だが、下のビーズはオマツリ後の枝ス通しに苦労。上下とも親子サルカンにしたほうが楽。上針にも喰ってきたのでサルカンを嫌うわけでもなさそう。
下船後、近くの公園でタックルを水洗い。二人だと楽だ。昨年の一人釣り三昧と同じホテルに素泊まり。愛想もサービスも落ちており、もう使わないだろう。夕食は銚子の居酒屋。安くて美味い。帰りは上さんが運転するので、飲むにも車で行けるのが嬉しい。一人釣行も気ままでよいが、二人のほうが楽だし楽しい。

ジャック
マイロッド14マイリール2 PE6号、胴突き2本針(幹8枝6号、枝間80-100cm)、錘150号
上さん
マイロッド11マイリール1 PE3号、仕掛けは同じ

2012年9月9日日曜日

無安打試合に一発

video← 30分の格闘のラストに興奮メンバー

2012年9月8日(土)釣行 小潮
育丸の代行 丸重丸 6人の左舷ミヨシ1番
城ケ島西沖 水深不明 棚30-50m
晴れ 南西の風0-4m 波0.5m

メジ・カツオ 0

月例仕立てに3か月ぶりの参加。湾口のワラサ再釣が検討されていたが、「どうせならメジ・カツオ」をと勧める。言い出しっぺは外れることがよくあるが、そのとおりのノーヒット。当然、カツオやメジの横っ走りも味わえずノーラン。慣れぬ釣り物に船長も懸命な操船で群れの移動先に回り込む。船団の動きからいいポジションに入ったと思ったシーンも少なからずあったのだが、この日は食いが悪いのか、方向転換が多かったのか、船団を見回してもヒットが少なかった。


検量に港関係者が集まる。クーラーに入ら尻尾切り。
11時までやっても船中アタリがトモで2回しかなく、いずれもバラシだったので、お土産にサバを釣りに行こうかとも相談。サバは今はもう釣れていないとのことで、船団を離脱、キハダに的を絞り探索。またトモで連発するがいずれもハリス切れ。ミヨシ寄り4人はずっと沈黙だったが、右舷ミヨシのTさんにこの日初ヒット。締めたドラグを楽々引き出す様子にマグロと察知。皆仕掛けを揚げて応援に集まる。船底でのラインブレークを避けるように船長も操船。一進一退の攻防、30分。ようやく浮いてきたキハダは目測25Kg。帰港後の検量25.4kg。お隣左舷胴間のMさんの置き竿にも終盤2連続ヒット。いずれも竿を手に取る暇もない瞬殺に悔しがるMさん。きっと再戦に挑むだろう。

結局ノーヒットノーランに終わったが、ラストのホームランに、代行を任された船長も、メジ・カツオを勧めた俺も、妙に安堵した一日。

マイロッド14マイリール2 PE6号、天秤50cm、青物用プラビシL80号、14-26号3-4.5m1本針14-16号