2016年12月4日日曜日

イシダイ旨し!

料理店で撮影
まな板が大きいので壮観
2016年12月3日(土)釣行 中潮
育丸 若船長船 左舷トモ1番(左4、右4)
7:00出港 14::00納竿 14:15帰港
剱崎沖 水深35-60m
晴れ 北東の風10-4m 波1.5-0.5m

イシダイ 5匹 20-30cm
マアジ 5匹 35cm
イサキ 1匹 17cm
メバル 1匹 17cm
他小型アカイサキ等リリース

月例仕立てに久しぶりの参加。この時季はイシダイ。タックルや仕掛けを思い出そうと、これまでの記事を振り返る。2年ぶりだ。その時もイシダイの他、マハタやイナダなど五目釣りになり釣果に恵まれる時季だ。予想に反して北東の風が強く、波も高い。久しぶりの釣行でムカツキを生じたが、後半波風が穏やかになるにつれて収まった。

大きいイシダイは縞が薄れる
イージスオーシャンという防風防水アウターを試してみた。コールマン製で工事用アウターからバイクや釣り用にも進出しているものだ。暖かいし、伸縮性があって動きやすい。波しぶきは弾いていたが、本格的な雨にあわないと防水効果は不明だ。シマノやダイワの相当品が2-3万もするところ、7000円ほどだからコスパが高い。

育丸Webから
いい釣行に
釣りは順調だ。トモからミヨシに流れる潮なので、コマセの聞くミヨシよりのほうがイシダイのアタリは多い。それでも誘いの速度を変えたり、止めたり、コマセ量を増減したりして、都合5匹をゲット、納得の釣果だ。後半食いが落ちるとアジ狙いに転じたが、ここでもタナ取りとコマセワークが奏功したのか、大アジを5匹。全員イシダイの釣果に恵まれるのは珍しい。若船長が開拓したらしいポイントで船中釣果が港で一番。やんちゃ坊主にしか見えなかったが数年で立派な漁師になったもんだ。

大皿の刺身でグビグビ飲むと・・・
料理店Oに全部引き取ってもらう。お礼に酒を頂いた。魚好きのSさんとともに晩酌。刺身に焼き物、煮物、揚げ物、忘れた頃にサラダ、おにぎりに味噌汁、なにより旨い日本酒。いやはや、よく食べ、よく飲む。久しぶりの釣行、ロングドライブの疲れもでたか、料理店でうつらうつらと舟を漕いでしまい、お開き。岐路の電車も心地よくうたた寝。幸せなB-Dayになった。

ダイワ 極鋭中深場73-210M + シマノ フォースマスター2000 PE3号
天秤70cm、プラビシ100号、クッション50cm、4号3.5m2本針